志摩藍染め(乾燥葉使用)は、三重県志摩市にあるレイズファームの農業体験Work Shopです。通年体験可能です

たで藍の乾燥葉を煮だして染色し、色止めします。通年体験が可能で作品作りに最適です。クリエイティブなWork Shopです。

★約1.5時間(材料費・税込み)
シルクストール染め 3,500円
Tシャツ染め    3,500円
※通年体験可 2名様~
★材料を持ち込んで作品作りをされたい方は、事前にご連絡をお願いいたします 準備が必要なため、よろしくお願いいたします

※2名様から開催承ります

ご予約はこちら

志摩藍の乾燥葉ができるまで

このWork Shopで使う志摩藍の乾燥葉は、レイズファームで大切に育てたたで藍の葉です。

たで藍の葉の刈り取り

たで藍が一番大きく育つ夏の時期に、ひとつかみづつ手刈りしていきます。

ハウスに移動する車

少し離れたところにハウスを借りているので車で搬入します

たで藍の葉を並べる

たで藍の葉を夏のハウスの中で並べていくのですが、暑くて暑くて3分作業するので限界です 汗だくになります

夏のハウスで一気に乾燥

夏のハウスの太陽で一気に乾燥させたのち、人海戦術で葉と茎を選別していきます。
この作業を延々として下さる作業所の皆さまに、いつも感謝しています。

たで藍の葉と茎を選別

Work Shopの流れ

こちらが乾燥葉にした志摩藍の葉です。

お湯の温度を測っています

乾燥葉を投入します

助剤を正確に図ります

志摩藍の乾燥葉を煮出すと水が黄色い状態になります

ネットで溶液を濾します

染色液の色は茶色です

助剤を加えて煮ます インディゴ成分が抽出されてきています

布を投入しますと、最初は黄色い状態ですが・・・

空気に触れると急激に酸化して、青色が出てきます。黄色と青で、まだら状態になります
・・・・うまく染色できるの?と、一瞬、ご心配されるかもしれませんね(´・ω・`)

お水で何回もゆすぎます

こんなにきれいなブルーが取り出せました!大成功です!

志摩藍染め(乾燥葉使用)は、三重県志摩市にあるレイズファームの農業体験Work Shopです。通年体験可能です

PAGE TOP